BLOG

尼崎の整体 椎間板ヘルニアの原因

2019/07/12

皆さんおはようございます!!

尼崎で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「椎間板ヘルニアの原因」についてです。

 

椎間板ヘルニアが慢性化してしまうのは、慢性化させてしまう原因があるからです

椎間板ヘルニアと診断された方は、

「ヘルニアになったから腰と足が痛いんだ。ヘルニアだからしょうがない」

「ヘルニアがあるんだから、落ち着くまで様子を見るしかない」

「手術はしたくないけど、どうしても良くならなければ最終的には考えるしかないのか・・・」

と「ヘルニアの存在によって症状が出ている」ことに納得してしまいます。

もちろん、少しでも良くするために腰に負担をかけないようにして、姿勢を気をつけたり、ストレッチをしたり、整形外科に通ってリハビリや注射をしたりとお医者様が言うことを守って治療して、自分でできることも意識してるにも関わらず、いつまでたっても良くならない・・・

ここでは、腰椎椎間板ヘルニアに悩まされている方に慢性化してしまう原因と「ヘルニア」についての事実を詳しくお伝えします。

 

椎間板ヘルニアについての医学的根拠の変化

医学的な理解というのは毎年のように変化しており、数年前までは常識とされていたことが、今では非常識ということは珍しくありません。

例えば、私が子供の頃はスポーツの最中に水を飲むなと言われましたが、現在ではそんな非常識なことを言う人はいなくなりました。

日々進歩しているはずの医学界ですが、なぜか反比例するように増えているのが椎間板ヘルニアではないでしょうか?

一昔前まではMRIがここまで普及していませんでしたので、正確な数字は測りかねますが、整形外科の混雑状況や整骨院、整体院のこれだけの増加を考えれば、ヘルニアだけには限りませんが、整形外科的な痛みの症状で悩んでいる方が減っていないと言うのは予想ができると思います。

これだけ検査機器や治療薬が研究されているにも関わらず、椎間板ヘルニアで悩んでいる方が多いのは、

「椎間板ヘルニアになってしまう原因が考えられていないから」

ではないでしょうか?

これまで椎間板ヘルニアが発症してしまう原因として考えられていたこと

椎間板ヘルニアを発症してしまう原因として、

  • 重いものを持つ仕事をしている
  • 前かがみの作業が多い
  • 姿勢が悪い
  • 運動不足
  • 体重の増加

などにより「腰に負担がかかるから」と言うことが考えられていました。

(今もそう信じられている場合がほとんどです)

そのため、ヘルニアと診断された方は、特に腰に負担をかけないように意識して生活をされています。

特にMRIの画像を見ながらお医者様から、

「ここにヘルニアがあります。ヘルニアが神経に触っているから症状が出ています」

と説明されると、

「自分は腰にヘルニアがあるんだ・・・」

と絶望感のような衝撃を受ける方もいらっしゃると思います。

椎間板ヘルニアの統計上の事実

近年では、椎間板ヘルニアについての調査結果の統計を基ににした事実ということが分かってきました。

それは、これまで信じられていたことが事実とは異なるという結果でした。

そして、その事実を基に世界各国で腰痛診療ガイドラインが作られました。

これによると、

「腰椎椎間板ヘルニアが診断されても、画像所見と症状が一致するとは限らないため、腰椎椎間板ヘルニアと診断されても原因の分からない腰痛(非特異的腰痛)に含まれる」

というものでした。

つまり、画像でヘルニアが映っても、それが症状を引き起こしているわけではないということが、統計上の事実として分かったということです。

 

椎間板ヘルニアの症状の本当の原因

これまでの椎間板ヘルニア治療の調査研究と臨床データにより、今まで椎間板ヘルニアの症状の原因として考えられていたことや、治療方針が根拠のないものだということが分かってきました。

・ヘルニアが神経に触っているから痛みとしびれが出るわけではない

・ヘルニアはそのままでも症状は改善する

・ヘルニアで本当に手術が必要なケースはヘルニア全体の数%

この辛い腰痛、足の痛み、しびれの症状の本当の原因

椎間板ヘルニアと診断され、数週間で治ってしまう方がいれば、数年間苦しむ方もいます。

この違いは何か?

大きく分けて、

「体の使い方」

「ヘルニアに対しての理解、意識」

が症状の経過を大きく左右しています。

つまり、症状の原因はこの二つということです。

この二つによって、体に対して常に負担がかかるようになり、症状が引き起こされるということです。

この原因を改善することが、辛い症状を改善することにつながります。

ですので、手術をしてヘルニアを除去する必要はありません。

 

まとめ

・腰椎椎間板ヘルニアと診断されても、ヘルニア自体が症状を引き起こしているわけではないことが統計上の事実として証明された

・症状を引き起こしているものは、ヘルニアへの理解、意識による体の使い方による筋肉への負担が原因

・これを改善することが、椎間板ヘルニアと診断された方への治療方針