BLOG

尼崎の整体 股関節の痛みを改善する方法

2019/07/05

皆さんおはようございます!!

尼崎で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「股関節の痛みを改善する方法」についてです。

 

股関節の痛みに悩んでいる方へ痛みを改善するための方法をお伝えします

股関節の痛みで悩んでいる方は、膝や腰に比べれば少ないですが、以外に多く、特に歩くという動作に直結しているので、悩みが深い方が多いです。

歩くという日常生活では当たり前のこととしてやっていたことが、痛くなってしまってからは、「歩くと痛くなりそう」という不安感になってしまい、毎日の生活が不安感の連続になってしまいます。

また、股関節の痛みの特徴が動き(可動域)にも影響が出てしまうことです。

その改善方法と基礎知識について解説していきます。

 

 

股関節の痛みの原因は変形性股関節症と診断される場合がほとんど

股関節の痛みの原因を検査するためにまずレントゲンで検査をします。

その結果、

「軟骨がすり減っていて関節の隙間が狭くなっている」

「関節が浅いから関節に負担がかかりやすい」

と説明され、「変形性股関節症」と診断されるというのが受診をした際の大まかな流れです。

変形性股関節症は股関節の軟骨がすり減ったり、股関節周囲の骨や軟部組織の編成によって発症する変形性関節症です。

変形性股関節症は40代から徐々に増加していくといわれています。

股関節の痛み(変形性股関節症)の特徴

・股関節、足の付け根、そけい部、臀部の痛み

・足が上げづらい、開きにくくなる

・左右均等な歩き方ができない

突然何の前触れもなく、急に痛くなるということは稀で、初期段階では違和感程度から始まります。

立ち上がり、歩き始め、階段の上り下り、車の乗り降りの際に痛みを感じるようになり、その後長時間歩いた、重いものを持った際に持続的な痛みを感じるようになります。

痛みがひどくなると、横になっても、座っていても、立っているだけでも痛みや違和感を感じるようになります。

股関節の痛み(変形性股関節症)で見られる歩き方

股関節に痛みがある方は、歩くと痛くなるという特徴があるため、痛みの増加に伴って歩き方が変化していきます。

痛みが出るから、痛くならないようにするためにかばうような歩き方になります。

 

股関節の痛み(変形性股関節症)の原因

股関節の痛みは原因が特定できない一次性変形性股関節症と、画像診断などで原因が特定できる二次性変形性股関節症に分類されます。

原因が特定できない股関節の痛み(一次性変形性股関節症)

画像所見では異常が見れれないため、「異常なし」と診断されてしまうことが度々あります。

そのため、「加齢」、「体重」、「仕事」、「趣味活動」が原因として説明されます。

原因が特定できる股関節の痛みの原因(二次性股関節症)

画像所見で骨、関節の異常が特定できる場合。

・臼蓋形成不全・・・太ももの骨と骨盤で構成する股関節の被りが浅いため、股関節が不安定な状態

・発育性股関節形成不全(先天性股関節脱臼)・・・新生児から幼少期の期間に発症した股関節脱臼の後遺症

 

股関節の痛み(変形性股関節症)の一般的な治療法

運動療法や薬物療法などの保存療法と手術が選択されます。

運動療法

筋力トレーニングやストレッチ、水中ウォーキングをすることで、股関節にかかる負担を筋力でカバーすることと、股関節の痛みの経過が長いと使わないようにしてしまうために筋力が低下してしまうからという考えのもと実施されます。

薬物療法

痛み止めやブロック注射で痛みを抑えるために実施されます。

手術

年齢や症状の進行状態で異なります。

自分の骨を残したまま行う、関節温存療法と軟骨や骨を切除して人工の関節に変える人工関節置換術があります。

 

股関節の痛み(変形性股関節症)と画像上の異常の度合いは比例しません。痛みの原因は関節ではなく、筋肉

変形が軽度であっても激痛を訴える方もいれば、変形が重度であっても痛みを感じない人もいます。

つまり、変形(骨の異常)=痛い

ではないということです。

その症状の原因は筋肉です。

筋肉が緊張して硬くなるから痛くなるのです。

股関節の周りにある筋肉が無意識に緊張してしまっているので、股関節を動かすと痛みが出るのです。

つまり痛みの原因は股関節にあるわけではなく、その周囲にある筋肉ということです。

 

筋肉が緊張してしまうことが痛みの原因だから、それを緩めることと、その部位の筋肉を緊張させてしまう原因を改善すること

緊張している筋肉を緩めるためのことも必要ですが、それ以前になぜその部位が緊張してしまうのかの原因を改善することが最も重要なことです。

緩めるだけでは対処療法になってしまいます。

その部位を緊張させてしまう原因は、体の使い方と股関節の痛みに対しての理解です。

なぜ緊張させてしまうのか、どうすれば緊張させない体の使い方ができるのかが理解して実行できれば、股関節の痛みは改善します。

 

まとめ

・股関節の痛みは多くの場合、変形性股関節症と診断される

・実際には股関節の変形の進行度と痛みの程度は比例しない

・変形しているから痛いわけではない

・痛みの原因は股関節ではなく、その周囲の筋肉の緊張

・筋肉を緊張させてしまうのは、股関節の痛みに対しての理解と体の使い方