BLOG

尼崎の整体 椎間板ヘルニアでデスクワークが辛いあなたへ

2019/06/17

皆さんおはようございます!!

尼崎で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「椎間板ヘルニアでデスクワークが辛いあなたへ」についてです。

 

辛いデスクワークに対処するための3つの習慣をお伝えします

椎間板ヘルニアで座って仕事をするのが辛いという方は非常に多いです。

何とかしようと机や椅子の高さや配置を変えてみたり、クッションなどの対策グッズも試してみたけどやっぱり辛くなる。

自分の姿勢が悪いからと、正しい姿勢を意識してみるが続かない。

そのため、デスクワークが腰に悪いわけだから仕事自体を変えないとこの辛さからは解放されないんじゃないかと思い、真剣に転職をしようかと悩んでしまう・・・。

ここでは、デスクワークで腰や足が痛くなった場合の対処法についてお伝えしていきます。

 

本来は座ることだけでは腰痛や足の痛み、しびれは起こらないはず

椎間板ヘルニアの辛い症状でお悩みのあなたは、座る姿勢が悪いから腰に負担がかかって腰、お尻、足に痛みやしびれが出ると考えていませんか?

しかし、同じ職場で自分より歳が上で、太っていて、みるからに姿勢が悪いのに腰も首も肩もどこも痛くないという方もいるはずです。

この違いは何か?

実はここに腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症を発症してしまう人と発症しない人の差があります。

 

デスクワークで腰に負担をかけている姿勢、行動

  • いつも綺麗な姿勢を意識している
  • 腰(骨盤)を起こす、背筋を伸ばすようにしている
  • 猫背にならないように、胸を張る姿勢をしている
  • 足を組まないように我慢している
  • 椅子に浅く座って、背もたれに寄りかからない

長年腰が悪い、ヘルニア、脊柱管狭窄症と診断されたことのある方は上のような座り方を意識していませんか?

このような、一般的には腰に良いとされていることが、実は腰が悪い方が共通して取り組んでいることでもあるのです。

つまり、これらを実践しても腰は良くなるどころか、ますます悪化していくというのが事実なのです。

 

デスクワークで腰に負担をかけないための3つの習慣

上のような意識で座ることがなぜ良くないのかについて解説します。

いつも綺麗な姿勢を意識している

綺麗な姿勢というと、背中が丸くならずに、腰から背中、首までが一直線になるような姿勢だと思います。

確かに見た目には良いかもしれませんが、この姿勢を続けているのは大変ではありませんか?

なぜなら、この姿勢はいつも意識して、その姿勢を維持していなければいけません。

姿勢を維持するためには、維持するための筋肉を使うことが必要になります。

つまり、姿勢を維持するために常に筋肉に力を入れ続けなければいけないということです。

これでは、常に腰の筋トレをしていることと同じで、腰は常に緊張しっぱなしということになってしまいます。

綺麗な姿勢は腰を固めてしまいます。

固めた姿勢ではなく、しなやかな姿勢ができるように腰の緊張を抜きましょう。

 

足を組まないように我慢している

足を組むと「骨盤がゆがむ」、「背中が丸くなるので姿勢が悪くなる」と一般的に言われているので、足を組まないように頑張っている方はとても多いです。

しかし、何となく足を組みたくなるのはなぜなのでしょう?

足を組むためには、腰が丸くなる必要があります。

骨盤を起こして、腰が伸びた状態で足を組もうとすると窮屈でできません。

つまり、足を組むのは体が無意識的に腰を丸くして力を抜かせたいからです。

だから、足を組むと腰は楽になりませんか?

むしろ、足を組まないで我慢している方が腰が固まって痛くなってくるはずです。

足を組みたくなるのは体が本能的に腰の力を抜きたいからです。

我慢せずに足を組みましょう。

腰が楽なことをすれば、腰は楽になります。

 

椅子に浅く座って、背もたれに寄りかからない

寄りかかることで、姿勢が悪くなるから、寄りかからないように意識されていると思いますが、寄りかかって背もたれに体を預けてしまった方が楽ではありませんか?

同じ姿勢を維持するためには、常に力を使い続けなければいけません。

寄りかかってしまえば、余計な力が抜けるかた腰は楽ですよね?

 

辛いデスクワークに対処するには、見た目に綺麗な姿勢をやめて、体に楽な姿勢にすることと、こまめに立つ、歩く

いつも意識している見た目に綺麗な姿勢から、力が抜けているダラーっとした姿勢にしてみてください。

もしその方が楽だと感じれば、それだけでも腰の緊張が抜けているということなので、いつもより楽に座れるはずです。

こまめに立つ、歩く習慣

長期間のヘルニアで悩んでいる方は、背もたれに寄りかかっても力が抜ける感覚というのが分からなくなってしまっているかもしれません。

そのような方でも、仕事の合間に立って、少し歩くと楽になるというのは実感しやすいです。

デスクワークで動かさないことでの痛みは、動かすことによって改善できます。

立ったり、歩いたりできない場合は座ったまま足踏みをすることや、足首を回したりして、下半身を動かすことでも十分です。

一度に動かす時間を増やすよりも、動かす頻度を増やした方が効果的です。

 

まとめ

・長時間動かないことで筋肉は硬くなります。意識的に立ったり、歩いたり、足踏みでもいいので動かすことをしていきましょう。

・座る姿勢を意識することより、同じ姿勢を続けないことの方が大事。姿勢のバリエーションを使いこなす。