BLOG

歩行時の腰痛には、胸の筋肉にも注目!

2019/05/27

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「歩行時の腰痛には、胸の筋肉にも注目!」についてです。

本日は症例報告です!

47歳男性の患者様で歩行時の腰痛でした。

お仕事はデスクワークで腕をよく使っています!


普段は痛みがないのに歩く時に痛みを感じる方でした。

チェックしてみると片足時に痛みがありました。

しかし正しく荷重をすると痛みはありません。

もう一回歩いてもらいましたが、やはり痛みます!


よくよく話しを聞くと常に肩掛けカバンでノートパソコンを持っており、右肩をチェックすると前方に捻れています!

姿勢もやや猫背です。

胸が開きにくいので肩凝りもありました。

胸の筋肉が硬いと肩甲骨のスムーズな動きも困難になります!

私達の身体は筋膜で繋がっています!

二重のらせん構造になっています!



胸の筋が硬いだけで……⁉

いえいえ一ヶ所かたくなると身体の歪みをつくってしまい、不良姿勢となり歩行時も正しく荷重をすることが困難になります。

あなたならどうしますか⁉

当然足から考えていく必要があると思います!

今回の症例の方は足に痛みはありません!

ではどこをゆるめたでしょう!

どこで歩行時の痛みがとれたでしょうか⁉

仕事はデスクワーク、常に肩かけカバン・・・。

胸の筋をリリースしました。


小胸筋です‼


特に小胸筋をゆるめて胸郭、肩甲帯の動きが改善されました。


また身体全体の捻れも改善されました!


最終的に歩行時の痛みも消失しました!


今回は胸の筋で歩行時の痛みが改善した症例でした。


もっと詳しく知りたい方は下記のURLをクリックして下さいね。

https://www.yamaguchishinkyu.jp/category/backache