BLOG

腰痛に効く筋肉①

2019/05/15

皆さんおはようございます!!

尼崎市南武庫之荘で鍼灸整体院をしている山口鍼灸整体院の山口祐輝です。

本日は「腰痛に効く筋肉①」についてです。

昨日の慢性腰痛患者様で効果のあった筋を5日に分けてお話しします。

まず膝の裏にある小さい筋肉です。

筋肉の名前は膝窩筋です。

まず簡単に特徴をお話しします!

①膝の曲げ、伸ばしがしづらい。

②膝の痛みの原因になりやすい。

③膝を曲げる時にスムーズなる。

④膝下を内側にまわす唯一の筋肉。

⑤足首の動きが悪くなる。


専門家に向けて

①屈曲、伸展の制限因子になる。

②筋スパズムは膝窩部痛の原因になる。

③膝関節のロックを解除する機能があり。

④他関節から影響を受けない唯一の下腿内旋筋肉。

⑤腓骨を挙上を制限し、足関節の制限因子にもなりうる。

患者様は54歳女性で、趣味の畑仕事に出て3ヶ月前から膝、腰が痛み出した。


歩行を行わせると膝と腰の痛みがあり…歩行時立脚後期から遊脚本期にかけて痛みを訴えます!

膝の圧痛があり、座って頂き膝窩筋部をリリースすると、膝の痛みはなくなりました‼

歩行時の痛みは9割改善しました。

また明日お伝えしますね!

もっと施術方法等知りたい方は下記のURLをクリックして下さいね。

https://www.yamaguchishinkyu.jp/category/backache